BLue CaFe NeT

by HiRoo iNoue || ACTOR

雑記・雑文

嵐の前兆

今日はきっと記憶に残る日になるだろう。過去と現在と未来が複雑な糸で絡み合い不思議な時間を紡いでくれた。ぼく自身コントロールがつかないところで自分の運命が変化していきそうな前兆。この感覚をぼくは知っている。これまでにも何度か経験したあの「嵐…

おしえて!えらいひと

タイトル、なつかしいですね。さて『コンビニなどで買い物をしてお金を払うとき、店員が「○○円お預かりします」というのはおかしい!お釣りがあるときならまだしも、お釣りがないときにそう言われると、「預かったのなら何か返してくれ」と言いたくなる』と…

嗚呼、マイ・キャンパス・ライフ!

先日、ちょっとした用事があって、青山学院大学に行ってきた。ひさびさに大学のキャンパスというところに行って、何だか、懐かしさとか、よそもの感とか、非日常的興奮とかいろんなものを味わった。おのぼりさん的に、学食で昼食を食べ、ソフトクリームを食…

dream-ist

眠りが浅いからか、必要以上に寝ているからなのか、ぼくはとにかく夢を見る。しかも、ものすごく具体的な夢を見る。時には起承転結があったり、はっきりとしたオチがあったりする。ストーリーが壮大で、映画を見てるみたいな気分になることもある。夢が具体…

惨劇はそこにある

秋葉原で起きた通り魔事件。その事件が起きたまさにその瞬間、ぼくは秋葉原にいた。電車を乗り換えるために少し街を歩いただけだったので、危険もなく、事件が起きていたことすら気付かなかったが、あのとき、ぼくがいたあの場所のすぐ近くで予測も想像も不…

遠くへ

ぼくは「北区つかこうへい劇団」というところで役者としての一歩を踏み出した。十数年前、初めてこの劇団の芝居を見たとき、ぼくは、歩き方を忘れてしまうくらいの衝撃を受けた。新宿の紀伊国屋の前の横断歩道をなんとか渡るも、押し寄せる大きな感情の波に…

忘れてはいけない

ここ1年くらい、記憶力の減退が著しい。と、自覚できるほどひどい。いや、自覚できてるということは、まだましなのか?一番タチが悪いのは、同じ人に同じ話を何度もしてしまうこと。話してるうちに「ああ、これ、もう話したかも?」と気づいちゃって嫌な気…

Midnight Call

昔の仲間が苦楽を共にした仲間が長いこと会っていない仲間がぼくがいないところで飲んでいて懐かしい思い出話で盛り上がってぼくのところに電話をかけてきた。電話の向こうではしゃぐ声が聞こえる。かわるがわる話しかけてくる声はどの声も暖かく、近くに感…

沈黙

言葉を奪われた魚たちは音もない、光も届かない闇の中で思考することも、感じることも一緒にどこかに忘れている。まるで最初からなかったもののように。奪われた記憶すら失くしてしまった。今もなお、奪われ続けているのに。魚たちはいつかまた語りだすだろ…

無題

表現を目的とした表現なんてくだらないオモシとしての確たる実体がそこになければ手を離れた風船のように空中浮遊するだけ軽薄だ高く飛ぶためにそれに耐えうる足腰を鍛えよう

あなたはどう呼ばれていますか?

あたりまえのことだけど、「名前」って重要だ。発したときの音声とか、漢字で書いたときの字面とかにある確かなイメージがくっついてる。そして、人を呼ぶときの「呼び方」ももちろん重要だ。苗字で呼ぶか、名前で呼ぶか、あだ名で呼ぶか、呼び捨てするか、…

架空の友に宛てる架空の手紙

恥ずかしげもなく言葉にするならきみに出会えてぼくは幸せです。理由はよく分かりません。ただ純粋に、ぼくはきみに興味があるのです。きみのことが好きなのだと言い換えてもいいかもしれません。ぼくの人生にきみがそして、きみの人生にぼくが現れたのは必…

酔夢譚/雲隠れした月に叫ぶ

「革命」嫌でも様々なイメージを想起させる「手垢にまみれた」言葉ではあるが、それを承知で敢えて使う。僕は、本質的に「革命家」の性をもっていると思う。常々「システム」について考える。人は誰しも、何かしらの「システム」に組み込まれその呪縛から逃…

鏡よ、鏡!

今日見たテレビのニュースによれば、「原爆投下は致し方なかった」と考えるアメリカ人は実に半数以上にのぼるという。また、大部分の学校では、生徒に対して、教師がそのように教えているという。その真偽のほどは分からないが、もしある程度正しい情報だと…

ジョニーはどこへいった?

ミーハーと言われるかもしれないけれど、僕は、ジョニー・デップという俳優がとても好きで、普段あんまり映画は見ないくせに、彼の映画はほとんど見ています。で、今日、ひさしぶりに一日ヒマだったので、地元のシネコンに行って、「パイレーツ・オブ・カリビ…

DEEPER AND DEEPER

突然ですが、みなさんはSMクラブに行ったことがありますか?僕は行ったことがあるんです。数年前に。でも一度だけ。僕自身そんなこと忘れてしまっていたんですが、お世話になっている演出家の木内さんがブログでSMクラブのことを論じていたものだから、急に…

ぼくは時々おもう

いつもお世話になっている演出家の父上が先日亡くなられ、今日、その通夜に参列させて頂いた。何の心構えも出来ないうちに訪れた突然の不幸のようで、残された遺族の方々の悲しみややりきれなさを思うと心が痛んだ。悲しみを堪えて毅然と顔を上げる彼と、初…

あなたの言葉が分からない。

このところ蓄積していたストレスを解消すべく、今日は、計画していたことを先のばしにして飽きるまで寝てみました。まあ、「好きなことやって自由に生きてるお前に一体どんなストレスが?」と言われればそれまでなんですが、それはそれでいろいろと大変なこ…

人間なんてら・ら・ら。

このところ、とても落ち着きのない混沌とした毎日が続いていた。バタバタと忙しいのだが、何かを為して前進している実感のない、何というか、渦潮に巻き込まれてただもがいているだけみたいなそんな毎日。新しい人々との出会いや、古い友人との再会。友人と…

トンネルの向こうの景色

退院してからずっと参加していたワークショップが昨日で終了した。最初は大事をとってじーっと見学してたけど、ガマンしきれなくなりラスト2日はバッチリ参加してしまった…。さすがに病み上がりの身体には応えたらしく、打ち上げの途中で完全に燃料切れを起…

いざ、天空の城へ!

親友からのメールで、今月1日、中国の「青蔵鉄道」という鉄道路線が全線開通したというニュースを知った。青蔵鉄道は中国青海省の西寧とチベット自治区のラサを結ぶ全線約2000kmの路線であり、今回全線が開通したことにより中国各都市とチベットのラサが一本…