読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLue CaFe NeT

by HiRoo iNoue || ACTOR

木村さんと鈴木くん

働いていた会社を辞めてから、かれこれ8年が経つ。会社にいた時期は短かったけれどきちんと勤めた会社はその1社だけだったし、いろいろと波乱に満ちた密度の濃い時間を過ごしたので、今でも身体のどこかに、記憶がこびりついて消えない。

そのせいか未だに会社の夢をよく見る。昨日は、特に仲が良かった木村さんと鈴木くんの夢を見た。

木村さんはその会社で一番お世話になった先輩で、彼がいたおかげでぼくはその会社に入れたと言っても過言ではない。ほとんどの偉い人がぼくに最低レベルの評価を下した中、木村さんは最初からぼくを気に入ってくれて味方してくれた。最終的には「俺が全責任をとりますから」と偉い人たちを説得して、ぼくが入社するのを助けてくれた。そして実際、会社にいた期間ずっとぼくを支え続けてくれたのだ。

鈴木くんとは仕事上の関係はほぼなかったにも関わらずなぜか気があって、一番仲がよかった友人だった。週末はつぶれるまで飲み明かしたり、あちこち旅行に行ったりもした。ぼくが会社を辞めようかと考え出した時期には、もっとぼくが働きやすい環境に異動出来るよう、陰で偉い人たちにかけあったりしてくれていた。

当然彼らはぼくが会社を辞めることに大反対して必死に止めてくれた。ぼくも彼らの思いを痛いほど感じて、辞めることがつらかった。でも、最終的には「お前がこれからどう生きるか次第だ」と言ってぼくのことを送り出してくれた。そのときのことが、いつでもぼくの生きる原動力になっている。

最近は二人ともあまり連絡を取っていない。サッカー好きの木村さんは、会社を辞めてサッカーチームを買い取った。いまやJ2リーグチームのオーナーになっている。豪勢に遊び仕事にも燃えていた鈴木くんは、結婚して子供が生まれ、いまやマイホームパパになっているというウワサを聞く。

なんにせよ、二人とも相変わらずパワー全開で生きてるのだろう。ぼくも元気でやってます。