読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLue CaFe NeT

by HiRoo iNoue || ACTOR

僕が僕であるために

ぼくがよく参考にしている占いに、

今年あなたはたくさんの望みを抱きます。
そしてその望みを選びとろうとします

とあって、「ふ~ん、そうなんだ」と思っていたのだが、どうやらその占いは当たっているらしく、今年に入ってぼくはいろんなものを手に入れたいと望み、それに向けて実際に行動に移している。近年あまりなかったことだ。

今年最初に望んだものを手に入れたいと思ったとき、ぼくは相手の出方を牽制するあまり、自分の意志や欲求をストレートに伝えることが出来なかった。その場をともにした友いわく、「最後の最後で逃げた」ということらしい。ぼくとしては相手の反応の余地を残そうとしたつもりだったのだが、とにもかくにも相手とのコミュニケーションがうまく取れず、ぼくの真意が伝わらなかっただけでなく、相手との距離がすーっと遠のいていくような、築き上げていた信頼関係が崩れてしまったような、そんな哀しい結果に終わった。

ぼくはそのことをひどく悔やんで、今後は自分の思いをきちんとストレートに伝えようと、拒絶や誤解を恐れず自分をさらけ出そうと心に決めてみた。そして、その後また別の望みを抱いたときに、実際にその方向性で相手に働きかけてみた。伝わらない危険を避けて伝えすぎるぐらいを目指してみた。そしたら今度は、どうやらストレートすぎたのか、想定していたのとは違った相手のスイッチを押してしまったらしく、相手を安心させるつもりが、かえって相手を傷つけ不安にさせるような結果になってしまった。

どちらも本気で望んでいることなのに。コミュニケーションはほんとに難しい。


でも思い返せば、若い頃ぼくはうざいくらいにストレートだった。返り討ちの危険をもろともせず、体当たりのコミュニケーションの取り方をしてた。まるはだかの意志と欲求。それだけが信じられるものだと思い、自分のそれを見せて相手からもそれを望んだ。ぼくはそれを誠実さの表れだと思っていたが、周りからしたら逃げ場をふさぐ強引なコミュニケーションにも思えたらしい。単なるエゴの押しつけということか?

ま、何が正しいのかぼくには分からなくなっているけれど、でもぼくはストレートな方が好きだな。相手の反応に合わせたコミュニケーションなんて、なんとなく嘘っぽいし偽善っぽい。そもそも本当の意志や欲求が見えなくなる気がする。信頼しきれない。

ストレートなコミュニケーションを思い出してしまった今、しばらくこの路線で頑張ってみようかなと思う今日この頃。どうせボールになるなら直球投げてボールの方がいい。

もう若くないのに大丈夫かな。いろんな望みが叶いますように。