BLue CaFe NeT

by HiRoo iNoue || ACTOR

『アトムが来た日』

Serial Number 01
『アトムが来た日』

2018/12/20〜12/29 @下北沢ザ・スズナリ
http://serialnumber.jp/next.html

serial number01は下北沢ザ・スズナリで、原子力発電所東海村に出来た日の物語。詩森渾身の作品を、素晴らしいキャスト陣で送ります。


脚本・演出
詩森ろば

出演
田島亮(serial number)

福本伸一(ラッパ屋)
井上裕朗(DULL-COLORED POP)
杉木隆幸(ECHOES)
森下亮クロムモリブデン
小玉久仁子(ホチキス)
林田麻里
酒巻誉洋
岡野康弘(Mrs.Fictions)
佐野功
笹野鈴々音
藤尾勘太郎

岡田達也キャラメルボックス

日時(全13回)2018/10/30 発売開始
12/20(木) 1930
12/21(金) 1930
12/22(土) 1400/1900
12/23(日) 1500
12/24(月) 1500
12/25(火) 1930
12/26(水) 1400/1930
12/27(木) 1930
12/28(金) 1930
12/29(土) 1300/1800
※受付・当日券販売開始 開演60分前

料金
一般前売 4300円/当日4500円
障害 2000円
学生 2000円
はじめて割(一日3組限定) 4300円
はじめての方を誘ってくると2名で1名分の料金になります






『ペインコレクター』

ピウス企画
『ペインコレクター』

2018/10/17〜10/21 @シアターグリーン BIG TREE THEATER
https://ameblo.jp/stpius/entry-12394135508.html

f:id:hirooinoue:20181016224225j:plain
f:id:hirooinoue:20181016224235j:plain

「痛みを知れ」
頻発する不自然な自殺現場に残されたメッセージ。それは実行不可能な連続殺人事件であることを示していた。殺人鬼の標的は、「殺人犯」だった。

脚本・演出
広瀬格

出演
増田裕生
畑中智行キャラメルボックス
永井幸子(ブルドッキングヘッドロック
加藤靖久(AND ENDLESS)
伊藤えみ
井上裕朗(DULL-COLORED POP)
MiKi
上谷佳澄(ルドビコ★)
原野正章
今川宇宙

森山栄治(*pnish*)
鷲尾昇(*pnish*)

日時(全8回)
10/17(水) 1900
10/18(木) 1300/1900
10/19(金) 1900
10/20(土) 1300/1800
10/21(日) 1200/1600
※受付・物販開始は開演の1時間前、開場は30分前

料金
S席 5800円
A席 4800円
B席 3800円
※2ショットチェキ券付きはそれぞれ1300円増し

f:id:hirooinoue:20180907151116j:plain







『父が燃えない』

箱庭円舞曲 第二十六楽章
『父が燃えない』

2018/9/26〜9/30 @浅草九劇
http://hakoniwa-e.com/26_chichi/

現代、会津若松市の火葬場、待合室。市営の火葬場は市街地から離れた辺鄙な場所にあり、訪れる人が居なければ職員も出てこない。よく言えば静謐な空間である。人の出す音よりも、虫や風の音の方が姦しい。

遺体が燃え尽きるのを待つ人々は、故人の思い出を問わず語りに語り合う。一体どんな人間だったのか、何をして、何をしなかったのか。父母や親族との関係、友人との交流、家族との珍事。故人がどういう人間だったかを、それぞれが勝手に語り尽くす。語っても語っても出てくる、出てくる、また戻る、同じ話が繰り返される、捉え方が人によって微妙に違っている、でも答えは分からない、故人しか分からない。同じとき、同じ場所で、同じ時空を共有していたはずなのに。あの人はあの日、何を考えていたんだろう。

遺された私たちには、想像することしかできない。


原作・脚本・演出
古川貴義

出演
白勢未生(箱庭円舞曲)

相馬圭祐
林和義(VAICE★)
小暮智美青年座
安川まり
片桐はづき
井上裕朗(DULL-COLORED POP)
小山貴司
秋本雄基(アナログスイッチ)

古川貴義(箱庭円舞曲)

スタッフ
舞台美術: 稲田美智子
照明: 南香織(LICHT-ER)
音響: 岡田悠
舞台監督: 鳥養友美
衣装: 中西瑞美
音楽: 百瀬悠介
記録写真: 鏡田伸幸
制作: 松本悠(青春事情)
企画制作; 箱庭円舞曲
助成: 芸術文化振興基金

日時(全8回)2018/9/2 発売開始
9/26(水) 1930
9/27(木) 1400/1930
9/28(金) 1930
9/29(土) 1400/1900
9/30(日) 1300/1700
※開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前

料金(整理番号付自由席・予約時に整理番号が振られ整理番号順に入場するシステムです)
前売 4000円/当日 4500円

チケット予約(井上裕朗扱い)
https://www.quartet-online.net/ticket/26?m=0hajbje






「遅筆」問題について思うこと

いま巷では、小劇場界の「遅筆」問題について盛り上がっている。「公演中止」という、誰も得をしない、誰もが痛む、苦しい決断を下さざるを得なかった団体が続いた。外野から一方的にそれを非難したり批判したりすることは僕のすることではない。けれども、日常的にあちらこちらで起こっていて誰もを悩ますこの問題について語り合うことが、これを機会に「解禁」されるといいなあと思う。

僕は作家ではない。作家にはなれない。きっと絶対に書けない。ゼロから「世界」を立ち上げることの大変さは想像を超えるところにあり、その才能はただただ尊敬に値する。ひとつのセリフを書くことにかける時間の膨大さ、その産みの苦しみがどれほどのものか、いくら想像をしても、作家ではない僕に理解することは不可能だろう。それは揺るぎようのない事実で、いつでも僕は作家への敬意を忘れていない。

ただそのことと、「遅筆」を受け入れる、または許す、こととは問題の本質が違う。日本の小劇場の現場では、多くの場合、作家と演出家をひとりが兼ねている。作家としての仕事が終わらない限り、本当の意味で、その人は演出家になれない。書くための時間を確保するために、稽古が中止になることも少なくない。連絡がつかなくなったりもする。そして俳優は、格闘すべき戯曲がない(足りない)状態で、稽古も思うように進まないまま、ただ「書き上がる」のを待つという時間を何日も過ごすことになる。書きあがった部分に関しては稽古ができるだろうという意見もある。でも本来、俳優の仕事の第一歩は、戯曲全体を俯瞰し、物語や自分の演じるキャラクターを分析し理解し、その上で「演じる」ための準備を進めていくべきものだ。セリフを覚えれば演じられる、というものではない。作家(つまりは演出家)の頭の中には全体の世界ができているのかもしれない。でも俳優はそれを知らない。不均衡甚だしい状態のまま、不健全な稽古が進んでいく。そして、経験上遅筆の作家に多いことだけれど、書きあがって「演出家」になった途端、急に気が大きくなるのか、「俳優」に対してはとても厳しくなったりする。「俳優」が役を作っていくために費やす「時間」を許さない。自分にはその「時間」を制限を超えて許すのに、「俳優」にはそれを許さない。これは「俳優」という仕事に対するリスペクトの欠如であり、そして何より、作品全体のクオリティを著しく落としてしまう結果に繋がる。

我らが大将、谷賢一が「誰も本気で怒らないからいけない」というようなことを書いていた。それは違う。少なくない俳優は「本気で」怒っている。「本気で」困っている。昨日の、俳優の集う「遊び場」においても、この問題について話題が出て、白熱した議論になった。舞台に立ち、観客の前で責任を取るのは「俳優」なのだ。その俳優が、怒ったり困ったり不安に思ったり、しないわけがない。ただ、本が遅れている作家というのは大抵の場合精神的に多かれ少なかれやられているから、そのとき怒ったって、せっついたって、それは本が早く仕上がる方向に進むどころか、逆効果になることが多い。そのことを俳優は「知って」いるから、表面上は怒ったり意見をしたりするのではなく、腫れ物に触るように気を遣い、願うような気持ちで、祈るような気持ちで、「明日は何ページ出てくるかな」「いつ書き上がるかな」と、ただただ不安で寄る辺ない日々を過ごしているだけのことなのだ。作品のために、気にしていないフリをして、現場の空気が悪くならないようにして、精一杯我慢しているだけなのだ。そしてこの問題について俳優が怒ったり意見を述べたりすると「ああ、あいつは面倒くさいやつだ」と敬遠されがちだったりもする。俳優はそのことに怯えてもいる。作品のために闘う俳優と、面倒なことには触れないイエスマンと、結果どちらが作品に貢献するか。俳優とは、本質とはまったく離れたところで、実に辛い職業なのである。


この問題をどうやったら解決できるのかわからない。作家自身の認識、自己管理、スケジュール管理などもあるだろう。でもそういう個人の問題に止まらない、根深い問題のようにも思える。

ひとつは日本における異常なまでの「新作」主義。出たての若手作家ならいざしらず、熟練の成熟した作家が一年に何本も新しい物語を生み出せるとも思えない。そしておそらくは、作家のギャランティの低さがもうひとつ。一本書いても大したお金にならない。だったらたくさん書くしかない。または他の仕事(例えば演出とか)を入れるしかない。執筆にかけられる時間も、稽古にかけられる時間も、必然的に短くなる。作家・演出家・劇団主宰(プロデューサー)などをひとりで兼ねていて、執筆に集中できない人も多かったりするだろう。

ただ作家を責めるでなく、逆にこの問題について「仕方なし」と見過ごすのではなく、少しでもこの問題を解決していき、作品のクオリティを上げて、演劇界が今よりもエネルギーを高められるよう、変わっていけたらと個人的には願う。俳優が怒ったって、意見を述べたって、それは俳優のわがままではなく、ただただ「良い作品を作りたい」という思いでしかないことをわかってもらいたい。そしてこういう議論が活発に行われる世界になると嬉しい。「良い作品を作りたい」だけなのに、どこにも行けなくて俳優は苦しんでいる。無力であることに絶望している。先日とある公演を降板した友人のコメントを読んでいて、他人事ながら苦しくて仕方なかった。その決断に至るまでの彼女の格闘と、絶対に避けたかったであろうその決断を下した勇気を、僕は心から支持する。僕は僕で、自分の関わる小さな世界の中で、僕なりに出来ることを見つけてやっていきたい。僕たち俳優に何かやれることがあるならば、どんな俳優でもその労力を惜しまないだろう。


最後になるけれど、我らが谷賢一は、彼も自ら述べていた通り、こないだの作品の仕上がりは遅くなかったし、出来上がった作品は素晴らしいものであったし、彼自身がこの問題と向き合って格闘しているのがわかるので不満はない。そこに信頼がなければ劇団に入らない。また、僕が最近コンスタントにご一緒させて頂いている、serial number(風琴工房)の詩森ろばさんはあれだけの多作にも関わらず、基本的に稽古初日には最後まで書き上がっているし、T Factoryの川村毅さんは、稽古が始まる数週間前には台本が届いている。本当に素晴らしい。稽古をしながら書くことを前提に、稽古期間を最初から長く取っている団体もある。「再演」という形で作品を生まれ変わらせて大成功しているイキウメのような団体もある。解決できない問題ではないはずだ。

いちいち断りを入れなかったけれども、俳優すべてがこのように思っているわけではないだろうし、僕のまわりだけなのかもしれない。きっといろんな意見や考えがあるだろう。問題があれば、「俳優」という主語をすべて「僕」に変えてもらいたい。そして本来ならば、こんな内容の意見を、舞台を楽しみに観て下さっている方々や、いつか観てみたいと思っている方々の目に触れさせたくはない。でも、面白い作品を作るための格闘の一端として、期待を込めて見てもらえたら幸いだ。





『1961年:夜に昇る太陽』

DULL-COLORED POP 第18回本公演/福島3部作・第1部先行上演
『1961年:夜に昇る太陽』

2018/7/7〜7/8 @いわきアリオス小劇場(福島)
2018/7/21〜8/5 @こまばアゴラ劇場(東京)
http://www.dcpop.org/category/next/

f:id:hirooinoue:20180601150515j:plain
f:id:hirooinoue:20180601150550j:plain

60年安保も下火となり、国中が岩戸景気東京五輪など希望の声に沸いていた1961年。東京の大学に通っている<孝>は、故郷であるF県F町へ帰ろうとしていた。「もう町へは帰らない」と告げるために。
電車の中で孝は謎の<先生>と出会う。「日本はこれからどんどん良くなる」、そう語る先生の言葉に孝は共感するが、家族は誰も孝の考えを理解してくれない。
そんな中、孝たち一家の知らぬ背景でF町には一つの大きなうねりが押し寄せていた。「原発を誘致すれば仙台のような──いや、東京のような都会になれる」。そこには経済発展を望む町と、エネルギー政策の主導権を奪い合う国と東京電力、そして冷戦構造下で原子力の傘の下に日本を引き込もうとするアメリカの意思までもが入り混じっていた。
これはF町の住民たちが、原発誘致を決定するまでの数日間を描いた物語である。

作・演出
谷賢一

出演
東谷英人
大原研二
塚越健一
百花亜希(以上DULL-COLORED POP)

古屋隆太青年団
井上裕朗

内田倭史
大内彩加
丸山夏歩
宮地洸成

スタッフ
舞台監督: 藤田有紀彦/松谷香穂
照明: 阿部将之(LICHT-ER)
音響: 佐藤こうじ(Sugar Sound)
制作: 小野塚央
提携: (有)アゴラ企画/こまばアゴラ劇場 助成: アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)/芸術文化振興基金/公益財団法人セゾン文化財

日時
【福島】いわきアリオス小劇場)
7/7(土) 1830
7/8(日) 1400

【東京】こまばアゴラ劇場
7/21(土) 1900
7/22(日) 1500
7/23(月) 1900
7/24(火) 1900
7/25(水) 1400/1900
7/26(木) 1900
7/27(金) 休演
7/28(土) 1300/1800
7/29(日) 1300/1800
7/30(月) 1900
7/31(火) 1400/1900
8/1(水) 1900
8/2(木) 1400/1900
8/3(金) 休演
8/4(土) 1300/1800
8/5(日) 1100(追加公演)/1500

料金
【福島】(全席指定席)
一般 3000円
高校生以下 1000円
【東京】(整理番号付自由席)
一般前売 3700円
学生券 3300円

予約フォーム(井上扱い)
https://ticket.corich.jp/apply/92198/105/