読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLue CaFe NeT

by HiRoo iNoue || ACTOR

Profile


 名前   井上裕朗/HIROO INOUE
 生年月日 1971年10月24日(44歳)
 出生地  東京・日本
 身長   173cm
 体重   57kg
 血液型  O型 


1971年10月24日、東京都杉並区にて誕生。4歳よりピアノを始める。小学生時代は、入学式・卒業式などの学校行事や合唱部のピアノ伴奏を務める。合唱部は県大会まで進んだ。審査員に伴奏を褒められたことに気を良くし、人前に立つ喜びを知る。今からは想像つかないほど、好奇心旺盛で活動的な子供だった。

1983年、私立麻布学園に入学。1989年までの6年間、中学・高校時代を過ごす。通学に往復3時間かかるこの学校を選んだのは、最寄駅が自分の名前と同じ広尾駅(日比谷線)と知ったことが大きな契機であった。高校ではバンド活動を楽しむ。担当はキーボード。この学校の校風・教育に多大なる影響を受け、現在の人間性の基本が作られる。

1990年、東京大学文科Ⅱ類に入学。入学と同時に登校拒否児となる。1994年、経済学部経営学科に進学。一応の専門は金融。大学に通わない日々が続いたため計4年も留年したが、1998年に何とかギリギリで卒業。

大学生時代、高校3年生を対象とした大学受験塾(自らも生徒として通っていた)にて数学を教える。教え子は通算1000人以上。自ら内容を考え、資料を作成し、数十人の生徒の前で授業を行なうことは、今にして思えば作・演出・出演をひとりで兼ねた芝居のようなもので、ずいぶんとのめり込んだ。当時自分では「日本一の数学の先生」と自負していたほど。

1999年、卒業と同時に某外資系証券会社に入社。外国債券の営業に配属される。実力主義の厳しい世界ではあったが、仕事そのものは楽しく好きだった。とてつもなくエネルギッシュで有能なスーパーマンたちと出会えたことは、僕の人生における財産のひとつ。すごい人たちがたくさんいた。ただ、ストレスや不規則かつ不健康な生活から10kg以上太った。

2001年3月、いくつかの出来事を経て会社を辞めることを決意。突発的かつ衝動的な決断だったが、現在に至るまでその決断を後悔したことはない。2002年3月までの1年間、退職金を頼りに放浪生活を送る。途中、南米に3ヶ月滞在。とても相性が良い土地で、非常に充実した濃い時間を過ごした。時間とお金に余裕が出来たら再訪したい。

2002年4月、興味本意で申し込んだオーディションに合格し、北区つかこうへい劇団養成所(10期) に入団。つかこうへい先生が「こいつに事務所の経理をやらせよう」と言って合格にしたという噂をのちに聞いたが、真偽のほどは確かではない。いずれにせよ、30歳にてようやく俳優としての活動をスタートさせ、現在に至る。


俳優としての活動については、Worksをご参照ください。