BLue CaFe NeT

by HiRoo iNoue || ACTOR

『父が燃えない』

箱庭円舞曲 第二十六楽章
『父が燃えない』

2018/9/26〜9/30 @浅草九劇
http://hakoniwa-e.com/26_chichi/

現代、会津若松市の火葬場、待合室。市営の火葬場は市街地から離れた辺鄙な場所にあり、訪れる人が居なければ職員も出てこない。よく言えば静謐な空間である。人の出す音よりも、虫や風の音の方が姦しい。

遺体が燃え尽きるのを待つ人々は、故人の思い出を問わず語りに語り合う。一体どんな人間だったのか、何をして、何をしなかったのか。父母や親族との関係、友人との交流、家族との珍事。故人がどういう人間だったかを、それぞれが勝手に語り尽くす。語っても語っても出てくる、出てくる、また戻る、同じ話が繰り返される、捉え方が人によって微妙に違っている、でも答えは分からない、故人しか分からない。同じとき、同じ場所で、同じ時空を共有していたはずなのに。あの人はあの日、何を考えていたんだろう。

遺された私たちには、想像することしかできない。


原作・脚本・演出
古川貴義

出演
白勢未生(箱庭円舞曲)

相馬圭祐
林和義(VAICE★)
小暮智美青年座
安川まり
片桐はづき
井上裕朗(DULL-COLORED POP)
小山貴司
秋本雄基(アナログスイッチ)

古川貴義(箱庭円舞曲)

スタッフ
舞台美術: 稲田美智子
照明: 南香織(LICHT-ER)
音響: 岡田悠
舞台監督: 鳥養友美
衣装: 中西瑞美
音楽: 百瀬悠介
記録写真: 鏡田伸幸
制作: 松本悠(青春事情)
企画制作; 箱庭円舞曲
助成: 芸術文化振興基金

日時(全8回)2018/9/2 発売開始
9/26(水) 1930
9/27(木) 1400/1930
9/28(金) 1930
9/29(土) 1400/1930
9/30(日) 1300/1700
※開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前

料金(整理番号付自由席・予約時に整理番号が振られ整理番号順に入場するシステムです)
前売 4000円/当日 4500円

チケット予約(井上裕朗扱い)
https://www.quartet-online.net/ticket/26?m=0hajbje